消臭・脱煙装置付電気炉(灰化炉)|東京技術研究所

消臭・脱煙装置付電気炉(灰化炉)

消臭・脱煙装置付電気炉(灰化炉)

従来の電気炉(灰化炉)とは異なった特長を持つ装置です。
本製品の最大の特長は極力メンテナスをしない構造に設計されているため、ランニングコストが少なくて済むことです。
メンテナンス部品は数年間(3~10年)交換不要です。設置は電気配線のみで管理運営が簡単です。
電気炉を高温運転中でも排出エアーは70℃以下ですから安心してご使用いただけます。

概要

電気炉は実験を確実に行える性能を持ちます。
さらに炭化、灰化を一連のプログラムにすれば入れ替え作業なしに全ての処理を行えます。
同時に内蔵している消臭、脱煙装置が威力を発揮し、研究室はいつもと同じクリーンなままです。従来の電気炉とは大違いです。
消臭・脱煙装置の仕組みは大きく分けて5つの層を通過させることで安全に処理することが出来ます。
処理フロー図に示した分解層、触媒層、冷却層、吸収層、排出層で処理します。
分解層は排気ガスを一定温度に加熱しさらに酸化分解を促進し、またミスト、カーボン状の物質をガス化します。
触媒層は完全にガス化された排気ガスを完全燃焼させ酸化分解します。
冷却層は空冷により熱交換し、排出ガスの温度を下げます。吸収層は酸化分解されない極微量の残留ガスを吸着します。
排出層はブロワ―により排気ガスの吸引及び装置外への排出を行います。

装置の3大特長

  • (1)燃焼時に出る煙や臭いが出ない。
  • (2)コンパクトのため、場所をとらない。簡単に移動可能。
  • (3)炉内温度1000℃まで昇温可能。

安全対策(詳細はお問い合わせください)

  • 温度加昇温防止
  • ヒーター線/ブロアー断線警告表示
  • 感震装置搭載
  • 炉扉2重ロック仕様/2段階ロック機能搭載
  • 炉扉半ドアセンサー搭載

サイズ種類

型式 炉内寸法(cm) 外寸法(cm) 電気容量(Max時) 収納イメージ
DDAF300 30W X 33D X 30H 90W X 75D X 175H AC 200V 3相8.8Kw 24cm 磁製皿 1~4枚 収納可
DDAF450 45W X 48D X 45H 120W X 90D X 175H AC 200V 3相16Kw 30cm 磁製皿 1~3枚 収納可
TFF80C 80W X 70D X 70H 131W X 180D X 175H AC 200V 3相29Kw 30cm 磁製皿 最大12枚 収納可

オプション対応項目

  • 炉内サイズ延長(DDAF300のみ)
  • 各種安全対策機能追加
  • 感震装置搭載
  • 素材/塗装色指定の対応
  • 温度記録計搭載
  • 納入前性能測定対応

使用事例

  • (1) 様々な物を燃やして成分の分析を行う
    • -食品等を灰にして、その中の成分を分析(環境やエコロジー関連に導入)
    • -プラスチックや紙などを灰にして、成分を分析(プラスチックメーカーや製紙メーカーに導入)
  • (2)様々な物の生産用途や、後処理で加工時に使用した、接着剤・洗浄剤などを加熱して蒸発させる。

その他、様々な物の焼成。

消臭処理

  • ダクトを通って出るガスのにおいを処理します。
    (臭い匂いを消す)
  • 生ゴミ、堆肥などの発酵処理による臭いを処理し、消します。

主な納入先

  • 各官公庁施設
  • 大手化成メーカー
  • 大手プリンターメーカー
  • 窯業メーカー
  • リサイクルメーカー 他

分解処理のフロー

分解処理のフロー
お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ